あっぷるハウス宮下”の業務日誌

「初めて物語り」

チョット真面目な、長い話し。

 

今年は色々なことに挑戦しようと思い、無人販売所を自主制作

おかげさまで今ではほぼ出品すれば売り切れる状態。

最初は

「こんな所に出しても売れない」 とか

「お金が盗まれる」 とか

でもね、今は支持をいただいて、お金も10円玉で入っていたり

その日100円すくないと翌日100円多く入っていたり。

 

対面で売っていないぶん、夜お金を集計するとき

買ってくれた1人1人はどんな気持ちでこのお金を入れてくれたんだろう

買ってくれた人は美味しく食べてくれているんだろうか

実際に会っていない分たくさんのことを思います。

あたたかい口コミいただいたり、メールいただいたり、贈答の注文いただいたり

人のあたたかさを強く感じることができました。

 

そんで

ここからがチョット長い。

 

僕は”お義父さんのように人との繋がりを大切になるべく対面で売る”

を大事にしたかったので今までネット販売というのは敬遠していました。

 

ところが無人販売所を設置してから対面でなくても伝わる思いはあるんじゃないかと思うようになりました。

じゃあ、今まで敬遠していたネット販売をやってみよう!!

 

思い立ったらすぐ行動。

 

あら、売れた。

 

初めてなので全てがドキドキ

買って頂いた方は

お互い名前もわからなければ住所もわからないという当園にとっては未知のパターン。

 

ですけどその方のお礼のコメントに妻と2人で涙がでちゃいました。

 

会ってないのに

何処の誰かもわからないのに

 

お金出してくれて、感謝されて、食べて涙流してくれて

 

そのコメント見てこっちも泣いちゃって。

 

農家っていいなって。

すごくかるーい気持ちで売れなかったらしょうがないくらいだったのに

お義父さんのりんごを待ってくれている人がいる。

食べて喜んでくれる人がいる。

と思うと、なんか自分の思い込みって小さいなって気づかされました。

 

その反面りんごをお届けする責任も今以上にズシリ。

 

”やりがい”

 

42年目にしてようやく出会えました。

 

そう思うと課題も次々。

提供するりんごも少ないし、人も2人じゃ苦しいし。

まぁ 焦らずゆっくりやってこうと思います。

 

これを書いている最中も 無人販売の明日並べるりんごがない という催促が。

 

ありがたい。

 

今日の畑。

まるで絵本の中のように色々な色で埋め尽くされています。

 

また、誰かに感動を与えれるように明日も頑張ります。

 

面白くもない長い文書

 

読んでくれたあなた!!

 

アリガトー

 

松川町のりんご農園”あっぷるハウス宮下”の業務日誌

「駄目よぉ~ ダメダメ」

 

すごく間隔があいちゃいました。

もう農家やめたと思ったひとぉ~。

 

安心して下さい!!  やってますよ!!

 

では、最近何をしてたかといいますと、

 

相変わらず 剪定です。

少しずつりんごの呼吸もわかってきたようで何とか前に進んでおります。

 

世間はコロナ、休みだ、時間差だ、休業補償だと騒いでおりますが

はい、関係ございません。

だって 人いないもーん。 うつす人いないもーん。

 

あっ!! 一人いた。

パーマかけたおじちゃんが。

誰かきてぇ~。

 

そうそうたまに僕が所属している剪定グループの集まりがあり

みんなで1つの園を剪定することがあります。

休憩時間も剪定バサミを研ぎながらりんごの話しで盛り上がり

 

とてもディープな集まりです。

 

そんな時、全国を驚かせた話題の男参上!!

 

真ん中の人物わかりますか?

 

わからない人は 駄目よぉ~ ダメダメ。

 

新年からニュースになった0日婚 エレキテル連合の旦那さん。

「 松尾アトム前派出所前 」

見参!!

・・・・。

 

なんでいるんだ?

 

コロナの影響でね仕事 トンじゃったんだって。

ただでさえ 少ないのにね。

 

僕もこないだインフルエンザにかかったとき

ユーチューブで 松尾アトム前派出所前 さんの動画見まくりました。

賛否両論ありますが、僕は超面白かったです。

ここ松川では共感してくれる人はまだいませんが・・・・。

本人いわく 滑り芸と言っておりますが意図したものかはわかりません。

 

でも地元だと嬉しそう。

剪定四天王 水野さんとツーショット。

 

きずけばもう3月。

 

花が咲く前にもうひと踏ん張り。

 

今日も絶賛 ニュートン りんごが落ちたところでお時間です。

 

近いうちに僕の正体お知らせします。

 

 

松川町のりんご農園”あっぷるハウス宮下”の業務日誌

「クライマックス」

 

りんごの贈答もなんとか目処がついてきて休めるかなぁと思ったのもつかのま

 

1年のメインイベント

 

”りんごの出張販売”のスタートです。

 

・・・? 何ソレ?

 

何かというと 贈答には使えない格外のりんごをお客様に直接お届けするイベントです。

 

当園では浜松に3回 愛知県に1回お伺いさせて頂いているようで

 

13日は第1回の浜松出張でした。

前日にトラックいっぱいりんごを積んで

早朝出発です。 今年最後の満月に見送られて下道をトコトコ浜松へ。

松川町とは違い、暖かいし、みかんがいっぱい。

 

行く先々で台風のこと等心配してくれて、「今年は食べれないと思ってたから、ほんと嬉しい」って言ってくれて

 

買ってもらうのに感謝されて、本当に嬉しい気持ちになりました。

 

あんなに積んだりんごもあれよあれよと少なくなり

 

最後はりんご大好きなわんちゃんにお見送りしていただきました。

こんなにりんごを待っていてくれる人がいるなんてとても幸せです。

 

今度は17日に来る予定なので待っているみなさんの為に

 

早く帰って荷作りしなきゃ。

 

寄り道なんてしませんよ。

だって、みんながまってるんだもん。

 

「このリールと、そのリールの違いはなんですか?」

「カード払い出来ますか?」

・・・・・。

 

コホン。

 

寄るのはトイレ休憩だけですよ。

もう真っ暗。

 

さあ、17日に向けて少し荷作りして

 

今日は絶賛リール巻き巻き中です。

 

 

 

 

 

松川町のりんご農園”あっぷるハウス宮下”の業務日誌 ふじのりんご狩り終了。

「ほたるのひかり」

 

寒い、寒い、寒い

そりゃそうだ!!

そこまで雪が迫ってた。

りんごもほら凍ってる。

この状態があと半月早ければいいりんごが出来たのになぁ。

まわりもすっかり冬景色

南アルプスもすっかり真っ白。

 

なんか生かされてる。

 

そんな余韻に浸りながら収穫最後のスパート!!

この一瞬の為に1年の作業があるなんてとても想像できなかった。

今までどうしてもその日の結果、一週間後の結果、一ヶ月後の結果を求めて生活してきました。

それはそれで当たり前な事だし、大事な事だけど

この仕事はどんなに急いでも1年後の結果の為の行動を求められる。

なんか短い期間の方がしんどそうに思ってたけど今の行動が1年後の結果に繋がると思うと

一瞬も気が抜けない。

 

あーあ

えらい世界に来ちゃったもんだ。

 

でも、人間らしい生活がここにはあって

チームあっぷる 2019年の作業本日終了。

りんごを皆様にお届けするのにたくさんの方の支えがあって。

 

りんごは工業製品ではありません。

色が薄かったり、形がいびつだったり、傷が付いていたり

 

でもね、かけた愛情は一緒です。

 

その愛情まで感じていただけたらいいなぁって思ってます。

 

明日から出荷の作業に入ります。

 

注文いただいているお客様もう少しお待ち下さいね。

お義父さんも僕もフラフラしながら頑張りますので。

 

ブログを書いていると色々な方から反応をいただけて嬉しいです。

 

今日も以前の上司の方からメッセージが。

 

離れてみて繋がりを感じられるというか。

もっと繋がっていたいというか。

ホントに感謝です。

 

残すところあと1ヶ月。

それまで絶賛りんご箱つめ中です。

 

 

松川町のりんご農園”あっぷるハウス宮下”の業務日誌ふじのりんご狩り開催中

「それぞれの楽しみ方」

今週もたくさんの方が来て下さいました。

 

1年に1回しか会えない方もまるで先月会ったんじゃないかと思うくらい

 

自然に会話が弾みます。

 

みんな笑顔が素敵な方ばかりでお会いできて本当に嬉しかったです。

 

りんご狩りされている姿を見ていると人には色んな幸せの形があるんだなと気づかせてもらえます。

きっと誰かのことを思い、喜ぶ顔を想像してりんごがりをしてるんだなと。

 

りんごを箱に詰めている人の数だけ思われる人がいる。

 

この場所で家族会を開いたり、同級会を開いたり、来るためにトレーニングをされている方も。

 

この場所が残っててよかったと誰かに思ってもらえるように

 

その日まで絶賛おいしいりんごの見極め方修行中です。