覚悟。

松川町のりんご農園 ”あっぷるハウス宮下の業務日誌” りんご狩りまでもう少し。

今日は身にしみるような冷え込みでりんごの表面にも水滴が。

 

今日は少し真面目な話。

 

うちのお義父さん基本、楽天的で前向きで台風がきてもあまり動じないんですが、

お義父さん・・・「今回の台風まずいかも。」

とのこと。

この時期収穫しようと思えば、少し早いけど、けして商品としては問題ないレベル。

ただ、お義父さんのこだわりのりんごの美味しい時期にはまだ少し早い。

お義父さん・・・「うちのりんごをいままでおいしいっていってくれるお客さんがいるから収穫はしない」

僕はただ頷くのみ。

作業を始める前に、畑のりんご1本1本に

「もう少しだから、頑張ろう。耐えようね。」と語りかけながらぐるりとまわりました。

不思議と自分の子供のように思えてしまって。

 

 

当農園はとても小さな農園です。

場所もけしてわかりやすい場所ではありません。

基本繁忙期以外は2人ですし、WiFiもありませんし、豪華な休憩所もありません。

りんご狩りの時は、畑にゴザをひいて自然の中で思い思いの時を過ごしていただくスタイルです。

当農園のお客様は驚くことに90%がリピーターのお客様で、もう何年も通っていただいている方がほとんどです。

その方達に支えられて今までやってこれた理由はお義父さんのこのスタイルだったからだと思っています。

 

お昼休み一組のご家族が愛知県から訪ねてきてくれました。

そのご家族はもう何十年も通ってきていただいているかたで

今年のりんごをみんなで食べながら談笑。

すると娘さんが

「なに、このりんご。普段食べるのと全然違う。なんでこんなに美味しいの」

それを聞いたお義父さんの顔。

 

覚悟が決まった瞬間でした。

 

台風の被害 どうなるかわかりませんが

りんご狩りに向けて今日も絶賛作業中です。