Blog 四代目のつぶやきブログ

「スピードワゴン」

少し時間があきましたが新年あけましておめでとうございます。

今年は昨年とは違い4日から畑にでております。

毎年この剪定の季節は心の病にかかるのですがもう4回目の冬。

毎年、毎年病む訳にはいかないので昨年から密かに考えておりまして

今年はこんなものを用意しました。

寒いというのもありますし病気がついた枝を焼くためにたき火を用意。

それと年末に立派になったボディを引き締めるために用意した

間食セット。

それを少し枝を切ったら

補給して

少し枝を切ったら

補給して

もう少し大きく食べたいと思ったら

焼き芋を投入して

少し枝を切ったら

ハイできあがり。

この一連の作業驚くことに午前中だけでこの量です。

ますます立派なボディになりそうです。

でも少しずつ自分流に工夫して今年1年突っ走ろうと思います。

ちなみにこの焼き芋の味は

「あまーーーーーい」

ではでは、また今度。

「365日」

2022年もあと少しですね。

先週末の販売会 44歳の僕はちょっと大人っぽくりんご売ってましたよ

クールで格好いいスーツ着て自慢の商品を売る

こんなふうに

小さい頃夢見ていた理想と現実。

人生ではじめてサンタの帽子かぶりましたわぁ。

あらためまして類農園彩都店様にきていただきましたたくさんのお客様

寒い中本当にありがとうございました。

開店前から並んでいただいて会計までにお待たせしてしまいごめんなさい。

今年最後の販売会ということで皆さんとゆっくりお話ししたかったのですがきちんとお礼も言えなくてごめんなさい。

りんごを買って頂いてるのにお土産まで持ってきてくれて。

ありがとうしかいえません。

類農園さんのスタッフの皆さん、お客様今年たくさんの出会いをいただきました。

本当に感謝です。

 

皆様にとって今年1年はどんな年でしたか?

僕にとってはただただがむしゃらにもがいた1年でした。

大事な弟を失い、その悲しみから逃れようと必死でした。

あの時に年末に笑って迎えることができるとは想像もできなくてただただソファーで泣いていたのを今思い出しました。

生きているのではなく生かされている

よく聞く言葉ですが今何となくわかる気がします。

どうせ生かしてくれているなら人生楽しんじゃいましょう!

楽しむというと聞こえはいいですが一生懸命苦しむのも楽しみだし

一生懸命頑張るのも楽しみだし、一生懸命泣くのも楽しみ。

一生懸命生きる。弟の分まで。

そしてたくさんの方のご縁に感謝です。

今年も素敵なご縁のおかげで山の上の小さな農園 あっぷるハウス宮下 は2022年を終えることができました。

来年はもう少しかわったことがしたいなぁと計画しております。

 

多分苦しいことが多くなりそうですがそれはその時苦しむことにして

今は少しぼーっとしようと思います。

皆様にとって2023年もいい年でありますように。

まだ出会えていないご縁にワクワクしながら来年も頑張ります。

それではよいお年をーーーー!

 

「ラストスパート」

ブログ読んでいるよという声にプレッシャーを感じてなかなか更新できなくてすいません。

更新できない間に

ここ西山は真っ白に

今何しているかって?

納屋の中は今週末の1大イベントに向けて燃えてますよ。

あっぷるハウス宮下の2022年の全ての情熱を注いでます。

12/25で今年初のサンふじの販売を類農園彩都店様にて行います。

今まではせっかく買いに来てくれたのに売り切れちゃったり、売り切れちゃったり、売り切れちゃったり。

なんせ 基本2人でやってる小さな農園なので収穫量が少なくて皆様にご迷惑ばかりかけちゃって

なので今回は 売り切れることがないようにたくさーーーん持って行きますよぉ!!

でもね。

正直不安です。

こんなに持って行って売れなかったらどうしよう とか

あー あの農家勘違いしちゃってるよぉ と思われたらどうしようとか。

もう毎回ネガティブ君に襲われるんです。

よりによってクリスマス寒波もきてるし。

 

逆境にはなれっこです。

一応この販売会をもって2022年、仕事納めにしようと思っています。

なので色々あった今年ですが、がむしゃらに最後まで駆け抜けようとおもいます。

近くの方ぜひ、助けて下さーい。

あっ

そうそう売り物をお知らせします。

まずメインは サンふじ です。

そして 数量限定ですが

サンふじとシナノゴールドの詰め合わせ

こちらは年末年始に大事な方にどうぞ。

そして 大人気のりんごジュース

そのまま飲んでもよし、炭酸水でわってもよし、牛乳にまぜてもよし、カレーライスに少しいれるとホントに美味しくなります。

最後に個人的にはこの時期 暖かいコタツに入りながらハーゲン⚪ッツのバニラにのせて食べるのにはまっている

大人気の果肉ゴロゴロ紅玉ジャム

あっぷるハウス宮下オールスターで伺いまーす。

 

楽しみなような不安なような。

仕事納めの夜は京都でおばんざいが食べれるように

今日も絶賛”不安でオエオエ涙目になってりんごを袋に詰め詰め”中です。

「もう一つのイベント。」

前回の投稿からだいぶ時間がたち、きずけばりんご狩りもおわりふじの贈答の出荷も終盤にはいりました。

あっぷるハウス宮下はこの時期贈答の出荷だけではなくもう一つの作業も同時進行しております。

それはお家でたべていただく用のりんごの配達です。

贈答用は自分達ではたべるのにはもったいないからお値打ちなのがほしいというお客様に

僕が直接お届けしています。

あっぷるハウス宮下はお義父さんのりんごにたいするこだわりが非常に強くて

贈答品以外のりんごの送りはお断りしています。

それは配送の途中で破損してしまうから

かといって贈答用みたいに梱包するとお値打ちではなくなってしまうので

家庭用のりんごは買いに来ていただくか、僕らがお届けするかになっています。

お届けするには御願いがいくつかありますが今年も沢山の注文をいただきました。

ハイエースにたくさん積み込んで

えっちらおっちら

「今年も待ってたよぉ」という声に迎えられてほんとに幸せです。

これも10%の1つです。

現在配達可能地域は 浜松市、豊橋市、豊川市、新城市、刈谷市及びその近辺になっておりますが

来年からはもう少し色んな地域にご縁が広がってほしいなと思っております。

あたたかいお言葉を楽しみに

お義父さんが納屋で発送を頑張っているので自分だけ美味しい物は食べないようにして

早く帰ってお義父さんの仕事を手伝わなきゃなので寄り道なんかせず早く帰ろうと

毎回出かける前は思っているんですよ。一応。

今年もあと4回。そして締めくくりは

12/25日の類農園さんでの直売会。

きずけばあと2週間。

ラストスパートがんばります。

「   1/12   」

りんご狩りはじまりました。

みんないい笑顔。

 

土曜日からはじまったりんご狩り。

天気も最高によくて少し暑いくらい。

沢山のかたに来て頂いて色んなところから

「おいしぃー」 「何この味」 「もうスーパーのりんご買えないわぁ」

みんな言い過ぎ。

たまたまお口にあっただけですよ といいながら尻尾ぶんぶん振っちゃいました。

りんご狩りをすると乙女になるそうで

5?歳の方も少女に戻られたようです。・・・・。

ことしのふじはどんな感じ?

こんな感じです。

夜ライトを照らすと

ランタンになるくらい美味しいりんごになっています。

ちなみにそんなに美味しくないりんごに光をあてると

ランタンにはならないんです。

これを昼間、光をあてないでわかるようになるとりんご農家はつぶれちゃいますから見分ける方法は内緒です。

 

畑が楽しく賑やかになるのは1年のうちの1ヶ月だけなんです。

ホントは皆さんをおもてなししなければいけない立場なんですが一緒に楽しんじゃってすいません。

不思議ですね。1年に1度しか会ってないのにあった途端昨日の話の続きのように仲間に入れてくれて

でも1年の間に皆さん色々なものを乗り越えられてきて。

悲しいことがあっても皆さんとのふれあいがあるからまた前に進めれる。

おかえりなさい。

あっぷるハウス宮下へ。

この先何年もその一言でお出迎えしたいです。

 

りんご狩りお陰様で週末は沢山の方に予約をいただいております。

現在は来て頂いてテーブルが空けば案内させて頂くような状況になっております。

ご迷惑をおかけしますがご理解頂けると助かります。

 

今日ちょっといいことがありました。

電話が鳴ったので用件を伺うとりんご狩りの予約でした。週末はいっぱいなのでお待たせするのも申し訳ないし、来て頂いても休憩所はないし、

山の上だし

「わざわざこんな山奥の小さな農園に来て順番待ちしなくても、インター下りたら賑やかで立派な農園さんがたくさんあるのでそちらに行った方がいいですよ」

と伝えたところ

「友達がそちらでりんごがりをしてきて、りんごをおすそわけでいただいたのですがもうすごく美味しくて自分も行きたいので他じゃ駄目なんです」って

もう 言い過ぎ。

たまたまお口に合っただけです。

といいながら尻尾ぶんぶん。

 

10%の心を動かされる喜び。

もうやめよう、もうやめようと思うのに

あーあ、またやめられない。

 

ではこれからりんご狩りに来られるお客様、

お帰りなさーい。

待ってますよぉー。

 

あとお知らせもアップしますので読んで頂けると嬉しいです。