とんぼの羽化

早朝から作業中

長年住んできて初めて見ました!オニヤンマの羽化

Jpeg

羽がまだピカピカ!

あわてて機械を止めて、じっくり見入っちゃいました。

りんごの受粉作業って?

りんごの受粉作業について少しご質問頂いたので…

他の多くの植物と同じように、花が咲いても、受粉しないとりんごにはなりません。

りんご(特にふじ)は同じ品種の花粉がついても受精しません。

そこで、いろんな品種のりんごを畑に植えておき、ミツバチが飛び回って受粉するのを待つのが今の主流のスタイルです。

でも、ミツバチ頼みだけではなく、人の手で確実に受粉した方が品質が良くなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他の品種の花をとって、機械で砕きます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花粉の詰まった葯(やく)のみにします

この葯を紙の上に薄く広げ、温度と湿度を保って花粉にして、人の手でりんごの花に優しくつけていきます

Jpeg

子供たちも手伝ってくれます

Jpeg

すぐ飽きちゃいますけどね(笑)

りんごの花付け

今年もりんごの花が咲きました!

 

Jpeg

パッと見では綺麗に咲いているんですが、先月、先々月の寒さで花の芽が凍ってしまい…

花は咲いてるけど実にならない・実になっても良いリンゴにはなれないといった花が結構あります

心配ばっかりしてても先へは進めないので、少しでも品質が良くなるように、受粉作業頑張ります!

Jpeg

いよいよふじのリンゴ狩りが始まります

11月に入り朝晩すっかり寒くなってきました。


お待ちかねの畑のふじが色づいてきました(*’▽’*)。


これから約1ヶ月はリンゴ狩りのお客さんに会える、

1年で一番楽しみな期間です。


田舎の親戚に会いに来るような気持ちで、気楽にお出かけください。

 

たわわに実ったリンゴの木の下でお待ちしております!