松川町のりんご農園”あっぷるハウス宮下”の業務日誌ふじのりんご狩りまでもう少し。

「フック船長」

 

最近朝の冷え込みたまらないですねぇ。

冷える朝は畑も神秘的な空間になります。

 

シーンとしてて聞こえるのは鳥のさえずりだけ。

 

とってもデトックスされます。

 

でも二日酔いのアルコールは抜けてくれませんが・・・。

 

さて、今の時期の作業はというと、今週末から始まるりんご狩りにむけてシートをめくります。

よく色んな畑に敷かれていますよね。

 

太陽の光を反射して木全体に光を届けるものです。

 

それを丁寧にめくっていきます。

畳む前にお日様にあてて乾かします。

とても地味で腰に負担のかかる作業です。

 

今日は地味な一日で終わるかなぁと思っていると

別の畑にりんごの妖精があらわれました。

帽子までりんご。

富山県から遊びに来てくれた いつき ちゃん。

りんごが大好きなようで畑の中をティンカーベルのように走り回ってました。

いつきちゃんにとってはネバーランドに感じてもらえたのかな。

お父さん、お母さんと仲良くりんごを食べてくれてとても癒やされました。

また、来年遊びに来てね。

 

その日まで絶賛ピーターパンシンドローム中です!!