松川町のりんご農園”あっぷるハウス宮下”の業務日誌

「 自覚 」

 

お義父さん・・・「安君、見て見て。花が咲いたよ」

 

とても嬉しそうに案内してくれました。

 

 

お義父さんはホームページに高山植物のコーナーを作りたいらしく

 

色々僕に教えてくれます。

 

が、

 

ブログに書く頃にはすっかり名前も忘れちゃってる始末。

 

おんじとリアルハイジなやりとりをしていると、珍しく携帯が鳴りました。

 

(電波のいいところにいないと着信がならないので繋がるには運も必要なんです。)

 

こんな時期にめずらしく秋にりんごを配達に行っているお客様からでした。

 

Tさん・・・「どうだい?りんごは?コロナにかかってないかい?」

 

「今年は大人数でりんご狩りに行きたいと思っているから気をつけて頑張ってな。」

「あんたぁのりんご期待してるよ」

 

ありがたいなぁ。

 

この時期は特に人との交流がないため、自分がしている作業の意味を見失う時があります。

 

もう半年後にはこの畑にりんごがたくさんなっていて、お客さんたくさん来てくれる。

 

そのお客さんに ”おいしい” って言ってもらえるように頑張ろう と

 

Tさんからの電話で元気つけられました。

 

世間は引き続きコロナの勢いが衰えません。

 

この松川町も観光農園がたくさんあり、影響がでそうな雰囲気です。

 

テレビである人が言ってました。

 

この病気の怖いところは自分が自分の大事な人、誰かの大事な人を殺してしまうところだ。と。

 

正直そこまで考えてなかったです。

 

どうか、皆さん今を乗り越えましょう。

 

耐えましょう。

 

りんご狩りの時期にまた皆さんの笑顔にあえるのを楽しみに今作業をしています。

 

だからどうか皆さん気をつけて過ごして下さい。

 

皆さんに会えるのが今からホントに楽しみです。

 

だからりんごが木から落ちる日まで絶賛”高山植物図鑑読書中”です。

 

PS 肺をいじった人、特に気をつけてくださいね。