Blog 四代目のつぶやきブログ

「はじめのいーーーーっぽ」

就農して4年目になりました。

今まで自分から何がやりたいと思ったことはなく今までのお付き合いの関係を崩さないように従事してきました。

(それでもだいぶ僕の個性が強くお客様に不愉快な思いもさせてしまったことがあるかとは思いますが個性なのでお許し下さい・・・。)

そろそろ自分としての農業のかたちを試行錯誤してみたいと

本決まりではないですが、新しい圃場を借りることにしました。

景色もすごくよくて中央アルプスもしっかり見えて、南アルプスも眺めれます。

こんなところで収穫できるりんごはすごく美味しいんだろうなぁと今から楽しみです。

来年春から苗木を植えて、収穫できるまでもう少し時間がかかりますが

少しずつかたちになっていくのが今から楽しみです。

 

そして新たについでにもう一つ。

前々からお義父さんが「わしも車が欲しい」とハイカラな事を言っていたので

「じゃぁ農園としても使えるように折半しましょうか」

とうまくその気にさせて待つこと3ヶ月

ジャーン。

車種から色からナンバーから全ての権限は僕がにぎり、働く車が一台仲間入りしました。

そして リアガラスには

お義父さん「わし、恥ずかしくてどこにも行けん。」だって。

どうか見かけても煽らないで下さいね。

そして

「可愛いね」って声をかけてあげてくださいね。

おだてるとすぐ喜びますので。

 

乗る心地はプロに聞いてみました。

とてもいいそうです・・・・。

小さい農園ながらも少しずつ前に、そしてチャレンジしながら

小さな苗木のように毎年少しずつ成長していけるように。

 

どこかで「あんちゃ また何かはじめた」

と言ってもらえるように

今日も絶賛「となりのおんじをひたすらおだててます」

「ロードオブザりんご 第二章」

標高800mのここ西山のりんごの花も咲き始め、いよいよ今日からチームあっぷる始動です。

今日から何をするかというと

一輪摘花という作業です。

そう、字のごとく無数に咲いた花びらを中心の一輪を残して全部摘んでいきます。

この花びらを

こんなふうに。

どれくらいやるかって?

これ全部・・・・。

どうやってやるかって?

人力です・・・・・。

諸行無常のはじまりです。

これからの3ヶ月間はひたすら心を無にして手を動かします。

たくさんの花びらを落とすので

ぐりも花びらをブルブルとはらっています。

昨年はこの時期に寒波が来て中心花がやられてしまったのですが

今年はとてもいい中心花がたくさんあります。

まだまだスタートしたばかりなので気が早いのですが

今年のりんごは期待ができそうです。

この花が実になるなんてまだ信じられませんがここからはあっという間に時間が過ぎていきます。

早くりんごを食べたいし、皆さんに食べてもらいたいなぁ と

なかなか心を無にできない自分であります。

「 一歩前へ 」

ここ西山もりんごの花が今にも咲きそうです。

こちらは「王林」の花です。

もう少しで満開になりそうです。

こちらは「ふじ」のつぼみです。

りんごの花が咲くと畑は白い花でいっぱいになります。

白い花が咲くとりんご農家はしばらくの間大忙しになるんです。

花が咲いてから7月いっぱいまでは雨の日も風の日も作業が続きます。

「そろそろ覚悟はできたか?」と

畑に行くとりんごの木に脅される毎日です。

昨年はこの時期には花がほぼ満開でそのあと凍るような寒気がはいり

花が寒気にやられるという被害にあいました。

今年は去年のことを教訓にして少しでも被害を少なくしようと

畑の草を刈っています。

そうすると地表の温度が上がって霜の被害も若干少なくなるんです。

ここから収穫までの長い期間、ほんとに気候との戦いです。

秋にはどんな景色がひろがっているか?

残り少なくなったりんごを食べながら1人妄想中です。

「あんちゃ」

弟が僕を呼ぶときはいつも「あんちゃ」でした。

40年近く呼ばれ続けて、もう呼ばれることはなくなってしまいました。

2人兄弟だったのに、突然1人子になっちゃって。

心にぽっかり穴が空いてしまって必死に日常を取り戻そうとしているのですが

おしよせる悲しみと、はげしい動悸。

日常を過ごすことがこんなにむずかしいものなのかと

ただただ日々が過ぎ去ってくれるのをじっと待っています。

でもそんな感情なんて関係なく季節はゆっくり確実に進んでいて

ほら、今年もはじまるぞ と

りんごの木も冬の眠りから覚めて背中を押してくれている気がします。

時間をかけてゆっくりと

以前より太く強くしなやかに 立ち直りたい。

 

書くことを悩みましたが、これもあっぷるハウス宮下の出来事として記録として残したいと思いました。

今年のりんごが終ったときはどんな思いで立っていられるか。

がんばれ 少し未来の自分。

弟と過ごした40年に感謝。

きっと同じくらい過ごさなければいけない弟のいなくなった世界。

声と顔をだんだん忘れていく事への恐怖。

 

でもこれからも「あんちゃ」としてもう少しがんばるよ。

今の自分から少し未来の自分への期待です。

 

今日は弟の誕生日。

一緒に年を重ねることはできなくなってしまったけど

生まれてきてくれてありがとう。

「あんちゃ」にしてくれてありがとう。

 

 

 

 

 

「ころんだ」

ぐりのMRI検査から一週間

しばらくは辛そうでしたが最近は

デスクワークをしているときも

着替えをしているときも

寝起きに新聞を読んでいるときも

テレビを見ているときも

お昼寝しているときも

そばから離れません。

畑に行くと

家の中からじっと見ているようで・・・。

最近はぐりとだるまさんがころんだ状態です。